不動産名義変更について知る

相続などで不動産の所有権を変更する場合、法務局で不動産の名義変更手続きを行います。その手続きには、自分でも行えますが、専門の司法書士に依頼することもできます。

不動産名義変更手続きについて

不動産名義変更について知る

不動産名義変更を行うキッカケはいつでしょうか。

自分が所有をしている不動産の権利を、違う人に譲る場合、または所有権を持つ人物が亡くなった際に手続きを行う必要があります。

この変更手続きは、いつまでにしなければならないという決まりはありません。

所有する人物が変わっても、手続きを行わないことも多いようです。

しかし、名義をそのままにしておくことでトラブルが起こる場合もあります。

そのトラブルとは、例えば、相続した不動産を売却し手放す場合、名義が以前の保有者のままであると売る事ができません。

このようなトラブルを避けるためにも、相続する財産の配分が決まれば速やかに名義変更を行いましょう。

では、その手続きはどのようにして行うのでしょうか。

不動産の所在地などの情報を管轄している、法務局に必要な書類を提出して行います。

手続きは、自分で行うこともできますし、司法書士に手続きを依頼することもできます。

国家資格である司法書士は、相続登記や土地や建物などの不動産名義変更を当事者に代わって手続きを行います。

不動産に関する専門的な用語や、様々な知識が必要となってきますので、司法書士に依頼して手続きを行うことをお勧めします。


Copyright (C) www.al3abbnat2.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更手続きについて