不動産名義変更の必要性

不動産の名義は変更せずにそのままにしておくと、相続人どうしでトラブルを招く可能性があるため、速やかに手続きを行いましょう。

不動産名義変更手続きについて

不動産名義変更の必要性

土地や建物を所有する名義を変更することは、変更期限が設けられていたり、義務化されている訳ではありません。

では、不動産の名義変更を行わずにそのままにしておくと、どのようなトラブルに見舞われる可能性が高くなるのでしょうか。

一つは、相続する人が増えてしまうことです。

これはどういうことかというと、相続人Iさんのお父さん(被相続人)が亡くなりました。

この時点では、兄弟間の話し合いで誰が相続するのか決めることができます。

しかし、そのまま、名義変更を行わずにいると、相続人全員の共同の財産となります。

それにより、兄弟の誰かが亡くなり、自分が相続する権利を承諾してもらうため、親戚の中で様々な人に了承していただかなくてはいけなくなり、話がまとまらなくなる場合があります。

また相続する物件が賃貸としてだしていた場合、不動産の名義変更を行っていなければ、賃借人が家賃を滞納していた場合、支払いを請求することはできません。

前述したように、相続人全員の共同の財産になるために、家賃収入は誰のものになるのかということの問題にもなりかねません。

このような問題を未然に防ぐためにも、司法書士に業務を依頼するなどして、名義を変更する手続きを行いましょう。


Copyright (C) www.al3abbnat2.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更手続きについて