不動産名義変更の費用

不動産名義変更で必要になる費用は、変更する理由によって異なります。相続による名義変更では、@登録免許税、Aその他実費、B司法書士報酬などが必要です。

不動産名義変更手続きについて

不動産名義変更の費用

不動産の名義を変更する場合、変更する理由によって、必要となってくる書類や、登記を行う際に必要となる費用が異なります。

一般的に多い相続による名義変更を行う際の費用について考えてみます。

主な実費として、@『登録免許税』という税金が発生します。

これは、登記申請を行う際に、法務局に納める必要のある税金で、登録免許税を納めずに名義変更を行う事はできません。

所有している不動産の固定資産税の評価額×0.4%で算出します。

例えば、不動産の固定資産税評価額が3000万円の土地の場合、3000万円×0.4%=12万円の税金を法務局に納めます。

次に、A戸籍謄本等の書類の収集における費用や不動産の『登記簿謄本』の取得費用、郵送費等の費用が必要です。

これは、不動産名義変更で発生する費用の中で占める割合が低く、数千円程度で済みます。

その他、登記申請を司法書士に依頼した場合、別途B代行報酬費用が必要です。

この費用は司法書士事務所によって異なります。

司法書士報酬は、手続きを行う内容や、目的とする財産の金額などによって変動します。

司法書士に手続きを依頼せずに、自分で不動産名義変更の手続きを行った場合、前述の@とAのみ実費として必要です。


Copyright (C) www.al3abbnat2.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更手続きについて