不動産登記について

不動産の名義変更で行う、不動産登記とは、所有している不動産の情報を公に帳簿として明記したものです。情報は法務局で管轄されています。

不動産名義変更手続きについて

不動産登記について

相続や贈与、売買がきっかけで、土地や建物など、不動産の名義を変更する場合、法務局に登記申請を行う必要があります。

不動産登記とは、財産として所有している土地や建物の存在する場所や広さ、および、所有者の氏名や住所などの権利関係を帳簿として記載し、公にしたものです。

そうすることにより、取引が円滑に行われ、安全性に寄与します。

大切な自分の財産である土地に、他人が知らずに家を建築してしまっていた、というようなことや、または勝手に売買されていた等のトラブルがあっては大変です。

このようなトラブルが起こらないように、不動産登記を行い、土地の所有権を明確にしておく必要があります。

この不動産に関する情報を管轄している場所が、法務局です。

不動産登記を申請すると、不動産の情報は公になりますから、法務局で誰にでも閲覧することができるようになります。

不動産登記は、自分で行うこともできますが、司法書士などの専門家に依頼することによって、所有者の負担が少なく登記申請を行うことができます。

手続きの流れは、まずは申請書を作ります。

そして必要な書類とともに法務局に提出します。

そこで法務事務官である登記官によって審査されます。

内容に問題なければ、届けが受け付けられます。


Copyright (C) www.al3abbnat2.com. All Rights Reserved.

不動産名義変更手続きについて